伝説の男!夏ロック2020 in SENDAI伝説の男!夏ロック2020 in SENDAI

【伝説の男!夏ロック2020 in SENDAI】
公演延期のお知らせ

この度の国内外における新型コロナウイルス感染症の影響と
ご来場頂くお客様の安全性を最優先に考慮し検討を重ねた結果、
2020.7.23(木・祝)公演の【伝説の男!夏ロック2020 in SENDAI】開催を
延期とさせて頂くこととなりました。

現時点では振替公演を2021.1.16(土)に予定しておりますが、
今後も引き続き新型コロナウイルスの感染状況および政府、
自治体、関係諸機関等から発せられる正確な情報を踏まえて、
最新の状況を確認しながら対応につきまして検討してまいります。

詳細が決まり次第、改めてご案内させて頂きます。

公演を楽しみにお待ち頂いておりました皆さまには
ご迷惑をおかけすることとなり申し訳ございませんが、
さらなる感染の拡大を防ぐべく今回の対応をとらせて頂くこととなりました。

何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。

感染された方々の一刻も早いご回復と、皆様の安全をお祈り申し上げます。

伝説の男!夏ロック2020 in SENDAI

伝説のロックバンド“BOØWY”のドラマー、高橋まことさんをスペシャルゲストにお迎えします。
新型コロナウィルスの感染拡大や、それに伴う悪いニュースばかり飛び交う世の中ではありますが。
音楽のチカラで宮城に元気を届けられたらと思っております。

出演バンド一覧

exBOØWY 高橋まこと

1987年に解散したロックバンド「BOØWY」のドラマーとして広く知られている。8BEATを叩くと右にでるものがいないという理由から、「Mr.8BEAT」、「ATOMIC DRUM」の異名をもつ。人々を魅了するそのBEATは、ファンのみならず、多くのミュージシャン達から今も愛されている。2011年3月11日、東日本大震災以降は、地元、福島のために「自分が出来ること」、「ミュージシャンとして出来ること」に重点をおき活動を続けている。2013年、1月6日にリリースされた18年振りのソロシングル、「ここから~FROM HERE~」では故郷、福島への想いや絆を、唄っている。さらに、復興支援プロジェクト「CROSS OVER JAPAN」の発起人になり、支援活動にも尽力している。現在はソロ活動と平行し、JET SET BOYSを結成し活動中。 その他にも和太鼓ユニット「鼓絆」をはじめ、様々なユニットにも参加している。日本屈指のロックドラマーはどんな困難にも歩みを止めることなく、ひたすらにビートを刻み続けてゆく。

HPはこちら

THE ACES WILD

2001年仙台で結成。ビリー諸川さん、THE MACKSHOW、青野美沙稀さんとの共演や横道坊主、STANCE PUNKSの前座も務めるなど広い裾野から支持されている。内田裕也さんのバックバンドを務めたのが端緒となり三原康可さんのユニット"nion"を自身主催のイベントに招聘し話題を呼ぶ。3.11大震災以降、バザー・ライブ等で復興支援活動を展開。活動はライブだけにとどまらず福島の歌い手Shimvaさんの録音にバックで参加や本イベント主催Studio Dazzの録音にも参加。2018年7月に活動を休止していたが本ライブにて復活決定!本ライブは、彼らの復活の狼煙、あらたな誓いの宣言となることでしょう。「ケツを上げてギアを入れろ!」それがザ・エイセズワイルドの結成以来の信条である。

HPはこちら

ONE GRAM TONE

BOØWYの聖地で結成された3ピースロックバンド。パンクロックをベースとした独自の爽快メロディックサウンドを確立。笑顔の裏の涙を表現した人間味溢れる詞の世界観とアクの強いライブパフォーマンスでたまにフロアを沸かし続けている。

HPはこちら

Beat style

宮城県北のBOØWYをこよなく愛する4人で結成されたバンド。2003年の結成より地元イベントを中心に精力的なライブ活動を行なっている。2008・2009年と連続してzepp仙台で行われた大会に出演するなど「誰もが認めるBOØWYカバーバンド」を目指し、熱い情熱を持って現在進行形で活躍中。

リクエストのお申し込みはこちら

協賛企業